丹波黒大豆3L(京都府産)150g

1,000円(税込1,080円)

数量

商品説明

<丹波黒大豆3L(京都府産)150g>

<商品の特徴>
この丹波黒大豆は、京都府で栽培された最高品質の大粒3Lサイズ(11mm上)の黒大豆です。良質な土地と恵まれた気候の恩恵を受けた丹波黒大豆は、豊かな風味と口どけの良さで知られています。150gの使いやすいポーションサイズで、おせち料理や煮豆など様々な料理に活用することができます。

<商品の魅力>
丹波黒大豆は、贅沢な風味と食感を楽しむことができます。一粒ずつ大切に仕上げられた黒大豆は、煮ることでほんのりと甘みが引き立ち、食べ応えもしっかりと感じられます。香り高い丹波黒大豆は、おせち料理にぴったりの一品であり、華やかなお祝いの食卓に彩りを添えます。

<商品の効果やメリット>
丹波黒大豆は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、健康に良いとされています。また、食物繊維も豊富に含まれているため、腸内環境の改善や便秘の予防に役立ちます。食べ応えのある豆のプロテインも豊富であり、栄養をしっかりと摂りたい方にもおすすめです。

丹波黒大豆は、丹波黒豆にこだわった商品であり、その上質な味わいと栄養価であなたの食卓を彩ります。美味しさと健康を求める方に是非おすすめの一品です。

『黒豆を上手に煮るコツ』

黒豆を煮るのは難しいと一般的に言われています。失敗すると黒豆の表面にしわが寄ってしまったり、黒色に艶がなかったり、色抜けしたり、また固く仕上がったりするものです。そのため、お正月のおせちは自分で作るような家庭でも、黒豆だけは専門店から購入するといった人も少なくありません。

また黒豆を上手く煮ることができる人は料理上手だと判断される傾向は、今も昔もあります。上手な煮豆を作るために、錆びた釘と重曹を使うとよいとされています。黒豆300gに対して砂糖を250g、醤油を50奸塩少々、重曹少々、さび釘を用意し、水10カップに、黒豆以外の材料を入れて煮ます。錆び釘はガーゼなどに包んで入れましょう。煮立ったら一旦火を消し、洗った黒豆を入れて、一晩寝かせます。錆び釘を入れる理由は、この鉄分で黒豆のタンニンを定着させて艶のある黒色に仕上げるため。

重曹を入れる理由は、その炭酸の作用で柔らかく煮えるようにするためです。一晩寝かせてから、弱火で煮ます。灰汁はこまめに取り除きます。8時間程度にて、豆が煮汁にしっかり浸っているところで火を止めて終わりです。しっかりと浸るところで火を止める理由は、空気に触れないようにして煮汁に長く浸からせておくと、艶が増すからです。 こういった理由を知ることで、難しいといわれている黒豆も、上手に仕上げることができるものです。砂糖と一緒に水あめを使う人も多く、それもまた艶を出すために行っています。

おすすめ商品

他の商品を探す